無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
指導者スキルアップセミナーへGO
0

     

    みなさんお久しぶりです。

    ヘッドコーチの米田です。

     

     

    ヘッドコーチになり気づけば3か月ほど経ちました。

    少しずつ新体制になじんできたかなと実感しています。

    近頃は自分の試合も毎週のようにあったため少し疲れ気味でございます(笑)

     

     

     

     

    さて本題に入りますが、

    11月27日(日)に中野サンプラザで行われた日本水泳連盟主催の

    2016指導者スキルアップセミナーに参加してきました。

     

     

    講演は以下の三部構成になっていました。

    講演 “達障害理解のための基礎知識

       〜水泳教室での発達障害のある子どもの増加とその対応について〜

     

    この講義はタイトルの通り発達障害のある子供を指導するために

    知っておかなければいけない基礎の基礎を学ぶ講座でした。

     

    講演◆ゞ眛A手復活の裏側

       〜モチベ―ション持続の秘訣は?&リオオリンピックの報告〜

     

    こちらの講義は今回の目玉ではないでしょうか。

    この夏のリオ五輪において200m平泳ぎで見事金メダルを獲得した

    金藤選手のコーチである加藤コーチのとてもためになるお話を聞かせていただきました。

    金藤選手が金メダルを獲得するまでの辛い道のりや選手だけではなく、

    コーチ自身が背負った悩みごとや責任についてとても熱く語ってくださりました。

    テーマに書いてある「モチベーションの持続の秘訣」の内容に入る前に

    時間が無くなってしまいましたが、コーチ、指導者としてとても参考になる90分でした。

     

    講演 「プールでの事故対策と実例」

     

    こちらの講演では水泳指導を行ってる会社や保険会社の方がおこしになって

    過去にそれぞれが実際に起きてしまったプール事故とその事故を通して行った対策について

    お話をしてくださりました。

    どれも他人事ではなくいつ起きてもおかしくないような実例もあり、プールでの指導を行うにあたっての

    危険について改めて考えるきっかけになりました。

     

    今回は講演会ということもあり写真がすくないですがご了承ください。

    お詫びにお昼に食べた一蘭の写真です(笑)

     

    文字ばかりの投稿になってしまいましたが

    講演の内容が気になる方はいつでも聞いてください。

     

    ヘッドコーチ 65期 米田 航

     

     

     

    | コーチ | - | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: